家族に内緒でキャッシングを利用するなら考えたい事

家族に言わずにキャッシングを利用するという人は大勢います。言えば心配をかけてしまうし、借金問題はなるべく自分で解決したいと考えるかもしれません。ただし、利用の方法によっては簡単に家族にわかってしまう事もあるのでよく注意しなければなりません。

 

特に銀行の通帳を家庭で一括で管理している場合には、キャッシングを振り込みで利用した時に通帳を記帳すれば謎のお金の入出金の痕跡が必ず残りますので、このお金はどうしたのだろうかという話になってしまう事は必至でしょう。

 

通帳も個々に管理していたり、インターネットバンキングの口座を自分で管理していたりする場合には、他の家族にはその利用内容を確認する事ができませんから、キャッシングでそれらの口座で振り込みを利用しても特に問題ないでしょう。

 

最近だと、インターネットでの利用がかなり便利にはなって来ており、スマートフォンの普及も伴って便利な口座振り込みを希望する人も多くなっています。

 

主婦におすすめできるカードローン!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

キャッシング利用するための口座の管理とキャッシュカードに注意する

もしも家族に利用の事実を秘密にしたいのであれば、キャッシングで利用する口座の管理に気をつけましょう。もうひとつの要素としては、キャッシング専用のキャッシュカードです。消費者金融で振り込みの場合には、銀行のキャッシュカードを利用しますから、見た感じは自分の口座から普通にお金を引き出しているだけの事です。

 

それが、消費者金融等キャッシング会社専用のカードであれば、借金をしている事がひと目でわかってしまう事になります。お財布の中に入れておいても、中を見ればわかる事もあるかもしれませんし、そのへんに置いておいて家族が見つける事もあるかもしれません。

 

銀行系のカードローンを利用する場合には、口座のキャッシュカードと同じですから見た目だけではキャッシングを利用しているかどうかはわかりません。以上のように、振り込みでもカードでも利用方法や通帳とカードの保管方法によっては家族がキャッシング利用の事実に気がつく要素がいろいろあります。それらの点に注意して普通に利用していれば、普段からあまり心配しなくてもいいかもしれません。

 

延滞を繰り返すと自宅に督促の連絡がく来る可能性がある

何と言っても家族にわかってしまうという点で一番良くないのは、支払いができなくなった時でしょう。延滞も一回であれば携帯電話やメールにて督促があって、その後きちんと返済すれば特に自宅に連絡がいく事もありません。それでも電話に出ないなどで督促から逃げてしまうようになると、キャッシング会社としてもやむを得ず他の手段で連絡をとるように行動しなければなりません。

 

自宅に電話がかかってくる事になったとしても、本人以外の人に詳しい用件を伝える事はなく、本人と連絡をとりたいという内容でしょう。とにかく大事なのは、逃げずに電話に出る事です。逃げ続けていれば自宅に電話は何度も来ますし、郵便物も届く事になります。そうなれば、家族にいつまでも黙っているわけにもいかなくなって、事実を知らせる事になるでしょう。

 

そのような事になったら家族の方もとてもショックで悲しむでしょうから、本人が誠実に対応しましょう。どうしても返済が苦しいのであればその旨をキャッシング会社側に正直に伝えて、その後どのようにして返済していけばいいのかを話し合いましょう。

 

いつまでも督促を無視していると、裁判所を通じて法的手段に進んでしまう可能性もあります。そうなると、最悪で強制執行が待ち受けています。差し押さえられるのは主に給料の一部となりますが、そうなれば家族ばかりではなくて職場にも借金滞納の事実を知られてしまうといった事になってしまいます。

 

そこからずっと職場で働き続けるのはとても大変になるかもしれませんし、みるみる生活が破たんしていってしまう事にもなりかねません。借りたお金を返す事ができていればこれら全ての事は回避できますので、キャッシングの利用は慎重に行うようにしましょう。

配偶者の方に気付かれないようなキャッシングの方法とは?

キャッシングをしていることは、会社の人はもちろん、配偶者の方にも隠しておきたいという場合があるでしょう。隠しておくためには、いくつか注意点があるのですが、その1つとして挙げられるのが、キャッシング会社からの案内を自宅を届かないようにするということであります。

 

キャッシング会社としても、自社の名前のまま郵送しないようにしておりますが、ふと配偶者のどちらかが封を切ってしまったのでは元も子もありません。絶対知られないようにするためには、最初からそういった案内を届かなくすることが大事になってきます。

 

無人契約機を利用してカードを受け取る

では、ここから届かなくするために必要なポイントについて見ていくことにします。まずは、キャッシングのカードをどのように手に入れるかです。キャッシングのカードは、無人契約機を利用することで自宅に届かないようにすることが出来るのをご存知でしょうか?ちなみに、無人契約機を利用しない方法ではキャッシングのカードは自宅に届けられることになっています。

 

このように無人契約機でキャッシングのカードを受け取るためには、最初のお申し込み時に、そのカードを無人契約機で受け取りたいことを伝えるか、無人契約機でお申し込みをするかでそれを実現することが出来ます。無人契約機でお申し込みをしない場合は、審査に合格した後に無人契約機に行き、カードを手に入れる形になります。

 

ただ、最初から無人契約機でのお申し込みとなると、約1時間は審査のためその場に拘束されることになるので、お申し込みは事前にインターネット上で済ませておいた方がよさそうです。次に問題となってくるのは、キャッシングに利用する通帳であり、特に通帳を夫婦間で共有している場合、通帳の記帳の際に同じ銀行名が何度も出てくることによって、気付かれてしまうかもしれません。

 

ここで特に気を付けたいのは、振込による返済を行う場合で、月に多くの振込を同じ銀行に行なっていたのでは変に思われても不思議ではありません。これを防ぐためには、返済日以外の返済はコンビニのATM等で行うとよいでしょう。これにより、通帳には一切履歴が残されませんので、安心かと思われます。または、返済は口座振替のみとするのも1つの手であります。

 

ATMを利用したら利用明細に注意

そして、前述のコンビニのATMを利用する際にも実は注意点があり、コンビニのATMを利用することでいつでもサービスを利用できて便利なのですが、キャッシングの会社によっては利用明細を自宅に郵送しているところもあるとされています。

 

この利用明細でも気付かれることが考えられますので、ご利用の前にきちんと確認することを忘れないでください。その他、利用者となる方がパート等をしておらず一切収入がないという場合、消費者金融では総量規制が適用されていることから、キャッシングを行うことが不可能です。ただ、銀行であればキャッシングを行うことは可能です。

 

しかしながら、ここでもまた問題があり、それは、収入のない主婦が銀行でキャッシングを行う際には夫がそれを認めており、かつ夫が毎月きちんと収入を得ている、これらが条件となっている銀行も存在します。それは、つまりキャッシングをしていることを打ち明けているようなもので、逆にそのような条件がないところであれば、キャッシングは行えることになります。

 

ここで、このような条件に当てはまる銀行をいくつかご紹介すると、例えば有名な銀行としては、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、横浜銀行、楽天銀行等が挙げられ、これらの銀行で取り扱っている商品は夫等が同意していなくても自分の身分証明書を提示することで利用することが出来ますが、キャッシング出来る金額としては少額となるということも頭に入れておいてください。

 

ここまで、キャッシングの事実を配偶者に気付かれないためのポイントについてお話ししてきましたが、あともう1点だけ追加で挙げるなら、返済はきちんと行うということです。返済が大きく遅れているとなると、いくら自宅に電話や案内を届かないようにしていても、キャッシングの会社から電話等は黙っていても来てしまいます。それを防ぐには、毎月の返済をきちんと行えるような計画的なキャッシングとなるようにすることが何より大事になってきます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日