一時的には載ってしまいます

消費者金融などからの借り入れ額が自分の返済能力を大幅に上回ってしまい、どうしても返済ができなくなってしまった場合には、債務整理を行うことをおすすめします。

 

今の借り入れの返済の為に新たな消費者金融から借り入れを行い、その返済の為にまた新たな、と繰り返していると、多重債務と呼ばれる状態になってしまいます。

 

こういった状態は絶対に長く続きません。1社の返済が滞った時点で他の全ての消費者金融は新たな融資をストップします。もちろん新規に借り入れを行うこともできません。

 

こうなってしまうと返済に回すお金を入手する手段がなくなり、怪しい業者にまで手を出してしまいかねません。返済の為に新たな借り入れを行う、といったことを繰り返す前に、債務整理を行って無理のない返済プランに沿って完済することを考えましょう。

 

ブラックリストには載ってしまいます

この債務整理は、現在の借り入れの返済がどうしてもできなくなってしまった場合の法的手段です。具体的には債務の合計額をある程度まで減額してもらい、今後の金利も免除してもらうことで、無理なく残りの返済を行うことができるようにします。

 

ですが、債務整理を行うと個人信用機関にその旨の情報が記録されてしまいます。いわゆるブラックリストというものです。この状態になってしまうと、新たな借り入れは一切できなくなります。消費者金融だけでなく、銀行はもちろん、クレジットカードでのショッピングもできない状態になります。

 

一切の金銭の借り入れ行為ができなくなりますので、生活をしていく上で必要な支払いは全てを現金で行うことになります。この債務整理は法律に沿って債務者の救済の為に行われるものですが、その代償も大きいということを知っておいてください。

 

ブラックリストに載ってしまっても、一生ずっと載り続けるものでもありません。一定期間が過ぎることで、個人信用機関からその記録は消去されます。この期間は通常は5年間です。この期間が過ぎればまた各種のキャッシングやクレジットカードでのショッピングが可能になります。

 

しかし期間が過ぎてもその旨を知らせてくれる訳ではありませんし、ちょうど5年という訳でもありません。多少の期間のずれは生じます。

 

債務整理の種類とその内容

債務整理には主に任意整理、個人民事再生、自己破産の3つの方法があります。任意整理と個人民事再生は似ていますが、任意整理は司法書士や弁護士に消費者金融などのキャッシング業者と交渉を行ってもらわないといけませんが、個人民事再生は自ら行うことも可能です。

 

とぢらも借り入れ額を減額してもらい、残った債務をきちんとした返済プランに沿って返済していく方法です。借り入れ額の減額は個人民事再生では法律で決まった内容で行われますが、任意整理は担当する司法書士や弁護士の力量次第です。

 

自己破産は裁判所に免責を許可してもらうことで、税金の支払い以外の一切の債務の返済の義務が無くなります。ですがデメリットも一番大きく、この場合は5年ではなく10年間ブラックリストに載ってしまうことがあります。

 

また申請時に原則20万円以上の価値を認められる財産は全て処分しなくてはいけませんし、特定の職業に就けなくなることもあります。どの方法でもブラックリストには載ってしまいますが、その他のデメリット面も考え、必要以上の債務整理は行うべきではありません。

 

信用情報は自分で確認できます

個人信用機関に記録されている信用情報は自分でも確認することができますので、キャッシングなどを申し込む前に確認しておいた方がいい場合があります。各個人信用機関のホームページに申請の方法が書かれていますので、そちらに沿って行ってください。

 

支払いの度重なる遅延など、いわゆる事故を起こしていると、新たな契約が難しいことがあります。審査で長く待たされた挙句、落とされてしまうようなことがないように、契約の前に確認しておくのもいいと思います。また怪しげな業者では、「ブラックの人でも融資OK!」といった広告を出しているところもありますが、この手の業者は大抵闇金と呼ばれる違法業者です。

 

利息制限法以上の金利を要求されたり、保証人や無理な担保をとられることがほとんどです。どれだけ困った状態になってしまっても、こういった業者には絶対に手を出してはいません。その前に債務整理を行い、生活を立て直すことを考えましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日