休日でも、自動契約機や銀行振込で即日キャッシングは利用できる

週末や祝日は、銀行をはじめとする金融機関が休みとなっているため、急に現金が必要となった時に困ることになります。

 

そんな時に頼りになるのが即日キャッシングです。週末や祝日でも利用できるのが即日キャッシングの強みとなっています。ただし即日キャッシングを利用するためには守るべきポイントがあります。

 

土日祝日でも申し込めるカードローン!


▲アコムの審査申し込みページヘ

 

▲プロミスの審査申し込みページヘ

 

自動契約機を利用すれば、休日に即日キャッシングが可能

消費者金融会社の自動契約機は休日にも稼働しています。自動契約機を利用すれば、その場でキャッシングの申し込みができ、審査に通過し次第キャッシングの利用に必要なローンカードを支給してもらえます。

 

自動契約機の隣にはキャッシング会社のATMが設置されているため、ローンカードを利用してATMから借入金を引き出せます。自動契約機から申し込むと、審査の終了までその場で待つ必要が出てきます。

 

審査には30分から1時間ほどの時間を要するため、その時間を無駄にしたくないという場合であれば、WEBから申込むことも可能です。WEBから申し込むと審査の結果がメールで送られてきます。メールを受け取った後で自動契約機を訪れてローンカードを入手し、ATMから借入すれば審査時間を無駄にすることもありません。

 

自動契約機は休日、祝日にも営業しています。ただし年末年始は休業している場合も多いので、年末年始に利用する際にはホームページなどで利用できるか確認する必要があります。

 

銀行振込で即日キャッシングを利用することもできる

キャッシング会社のATMを利用する方法は、確実に借入金を入手できる方法ですが、自動契約機やATMまで出向く必要があり不便な方法です。そこで借入金を銀行振込で受け取る方法もあります。銀行振込してもらえれば、銀行や銀行の提携ATMから借入金を引き出せるようになり便利です。

 

ただし休日に銀行振込して貰う場合に注意すべきことは、利用する消費者金融の会社が提携している銀行口座を保持している必要があるということです。たとえばプロミスであればジャパネット銀行、アコムであれば三菱東京UFJ銀行の口座に対しては休日であっても審査が通過次第、すぐに借入金を振り込んでもらえます。

 

そうでない場合には、銀行振込が反映されるのが翌営業日となってしまうため、休日に借入金を入手できないのです。また即日キャッシングを銀行振込で受け取る場合、初回の利用が平日の19時までの申し込みに限定されて休日のりようができない場合もあります。そこで事前にキャッシング会社のホームページなどで情報を収集しておくことが必要となります。

 

休日の即日キャッシングでは、融資額が限定されることも

キャッシングに申し込むと審査が行われます。この審査では在籍確認が行われることになります。在籍確認とは、申込書に記載された勤務先に申込者がきちんと在籍しているかを確認するための手続きです。通常はキャッシング会社が勤務先に電話をして確認しまますが、休日では在籍確認ができません。

 

しかし社員証や健康保険証、給与明細などの提出書類から勤務していることの確認が可能であるため、休日の申し込みであっても即日キャッシングを受けることは可能です。休日に申し込む際には、会社に在籍していることを証明できる書類を用意しておくことが大切となります。

 

またキャッシング会社によっては休日の申し込みに対して仮契約という形式で対応する場合もあります。仮契約では在籍確認は後回しにすることでキャッシング会社は融資に応じます。ただしこの場合、借入限度額の一部しか融資が認められないことになります。たとえば50万円の借入限度額があっても、10万円までしか即日キャッシングで受け取れないのです。

 

このケースでは、在籍確認が取れ次第、残りの40万円の借り入れもできるということになります。休日に即日キャッシングを受ける場合には、本来受けられる融資枠の一部しか認められないこともあるため、気をつける必要があります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日