基本的には不可能だが、専業主婦ならOKの事もある

キャッシングの利用には条件があります。消費者金融だと20歳以上69歳以下という年齢条件がほとんどで、銀行の場合にはもう少し年齢の上限が低くなる事もあります。

 

もうひとつの条件が、安定収入があるという事です。つまり何かしらの仕事をしていなければならないという事になりますので、無職の人は申し込みができません。

 

インターネットでお小遣い程度の収入を得ている人も少なくありませんが、確定申告をして収入を公的に証明できない状態の人は無職と同等に見なされますので、やはりキャッシングの利用は不可能となります。

 

アルバイトでも利用できるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

無職でも借りられるケース

無職の人でもキャッシングができるケースとしては、配偶者に安定した収入があるという事が条件ですが、専業主婦ならば借入が可能です。

 

ただ、消費者金融や信販会社のキャッシング利用には、総量規制というルールがあって原則収入がある人に貸し付けが行える事になっていますので専業主婦の利用はできません。

 

銀行ではそのような規制がないために、本人に収入がなくても配偶者の収入から返済する事ができるのであれば、特に配偶者の許可などを得る必要もなく契約をする事ができます。

 

雇用形態は審査に影響するの?

キャッシングの審査に通るために必要な安定した収入とは、必ずしも正社員レベルの安定した収入を指すわけではありません。キャッシングには必ず利用限度額というものがありますが、その限度額はその人の返済能力によって変わってきます。

 

消費者金融などの貸金業者には、収入の3分の1までの融資ができるという明確な限度が決まっています。正規雇用の人で、まとまった年収がある人ならばそれなりの額が可能ですし、非正規雇用で年収がそれほど高くないのであれば、それに応じた金額が限度となるのです。

 

ですから、アルバイトやパートで小額ながらも毎月安定した収入を得ている学生や主婦の方であっても、年齢の条件さえクリアしていれば審査を受ける資格があります。もちろん審査はそれだけではなく他の要素も関係していますので、それだけで融資が確実という事ではありません。

 

勤続年数も大事な要素

審査にあたって勤務先への在籍確認が行われますが、その際には申込者本人についての事を詳しく聞かれるわけではありませんので、簡単な確認程度ですぐに終了してしまいます。勤務先に本当に在籍しているのかどうかという事が証明されないと、審査に落ちてしまう事にもなりますので確実にクリアしたい部分です。

 

勤務先への確認がとれたとしても、もうひとつ大切になってくるのが勤続年数です。高額のローンを組む時などは、勤続年数が1年以下である場合には審査に通過するのは難しいですが、キャッシングの場合にはそこまでの勤続年数を求められる事はありません。

 

消費者金融だと、収入証明書が必要な場合には過去2カ月分の給与明細書でもいいとされている会社もあります。そのような事からも、少なくとも2カ月以上の勤務実態はあった方がいい事がわかります。そのためどのような仕事であっても初めてすぐに審査に申し込みをすれば、給与明細書すらない状況では借り入れは難しいかもしれません。

 

信用情報をキレイな状態に保つ

キャッシングの審査では、他の融資と同様に個人信用情報機関の記録を調べる事になります。もしもこの情報の中に金融事故情報が記録されていると審査には通りません。金融事故とは、ローンやクレジットカードなどの返済が一定期間延滞し続けたり、延滞を頻繁に繰り返してしまっているような場合に記録されるものです。

 

うっかり返済し忘れてしまったのが稀な事であれば、それがすぐに事故となる事にはまずならないでしょう。それでも、キャッシング会社側が悪質と判断するような状況であれば記録されても仕方がありません。信用情報に一度傷がつくと、数年程度はその情報が残ってしまうので、その後ローンを組んだりクレジットカードを作ったりする事は不可能になります。その時点で使用しているクレジットカードも、更新の際には無効となってしまってそれ以降のカード利用はできなくなってしまいます。

 

そうなると、どれだけ審査を受けたとしても必ず落ちてしまう事が確実になります。住宅ローンや車のローン、教育ローンなど、人生の節目に必要になるかもしれない融資も受ける事ができないとなると、後の人生設計すら狂わせてしまう事にもなりかねません。そのような事にならないためにも、普段から各種ローンやクレジットカードの支払いは期日にはきっちり返済するようにしておきましょう。

 

返済のために借りない

既に借りていたキャッシングが限度額いっぱいになってしまい、返済にも困ってしまっている状態で2社目のキャッシングを利用してしまうのはとても危険です。

 

返済のために借りはじめてしまうと、完済するのは至難の業になってしまうでしょう。キャッシングはとても便利で手軽なので、利用には十分気をつけて計画的な返済を心がけましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日