在籍確認の電話でバレない方法

キャッシングの審査時には職場への電話で在籍確認が行われますが、もちろんキャッシング会社を名乗るって掛けてくるようなことはなく、個人名で友人からの電話のように掛かってきます。

 

ですのでこの電話が掛かって来たこと自体で回りの同僚にそれがキャッシング会社からの電話だと分かってしまうようなことはまずありません。

 

電話の掛け方を心得ている

キャッシング会社も申し込みをした人を困らせるために電話を掛ける訳ではないので、きちんとした電話の掛け方を心得ています。これは何も利用してくれるその人のためだけではなく、キャッシング会社の評判にも関わるからです。

 

あのキャッシング会社に申し込みをしたら職場にバレてしまった、ということがあってはそのキャッシング会社を利用しようとする人が減ってしまいかねません。キャッシング会社はそこに一番気をつけています。

 

在籍確認の電話に出る時の対応

この在籍確認の電話に対してタイミングよく本人が出ることが出来た場合、キャッシング会社は本人に対して氏名と生年月日を尋ねてくることが多います。

 

これに正しく答えることで在籍確認は完了ですが、電話で氏名や生年月日などの個人情報を話しているところを誰かに聞かれてしまうと、何の電話なんだろうと勘ぐられてしまう可能性も否定できません。在籍確認の電話でバレてしまうのは、これが一番多いと言われています。

 

この場合、以下のような言い訳がよく使われるようです。

 

  1. 車のローンを考えているので、その審査のための電話だった。会社に勤めているという証拠に電話を掛けてきて、本人だという確認の為に個人情報を聞かれた。
  2.  

  3. 契約を考えている生命保険会社からの電話だった。年齢により保険料が違うので、個人情報を聞かれた。

 

車のローンは誰でも組むことがあるので、特に怪しまれることはないと思います。ですが普段車に興味のない人だとそこを突っ込まれる可能性があります。また車に詳しい人に聞かれた場合、どんな車なのか、値段はいくらなのかなどといった追求があるかも知れませんので、その後の文言も合わせて考えておく必要があります。

 

生命保険の方が無難だと言えます。こちらの場合は会社員であれば何もおかしいことはありません。ただ同じように保険に詳しい人に聞かれてしまった場合、それなりの追求はあるかも知れません。電話の回りに誰もいないような職場の場合はいいですが、そうではない職場ではこのように在籍確認の電話に対して答えているのを誰かが聞いていた場合の言い訳を考えておく必要があります。

 

また本人がその電話に出られなかった場合、今は席を外している、外出しているなどの理由で在籍自体が確認できればOKとするキャッシング会社も多いですが、本人が出ない場合は後日また掛けてくることもあります。留守番電話の場合に折り返されないように、キャッシング会社は基本的に非通知で掛けてきますので、折り返しの電話に対して相手側がキャッシング会社を名乗ったことでバレてしまうようなことはありません。

 

大手のキャッシング会社では、折り返しの電話に対して関連会社名を名乗る電話番号を通知して掛けてくるところもあります。この場合はもし折り返しの電話をされて安心です。もちろん本人以外にキャッシングの契約について話すことはありません。

 

確実に自分がその電話をとれるように、在籍確認の電話の前に一度携帯電話に電話をもらえるように言っておくという方法があります。個人名の電話に他の人が出てしまうのが困るような職場の場合、この方法を利用してみてください。

 

専業主婦の場合の確認は?

専業主婦は基本的に消費者金融からのキャッシングはできませんが、夫の収入を合わせて審査をする配偶者貸付制度の利用や、銀行のカードローンの利用により借り入れを行うことができます。どちらの場合も夫の職場や連絡先を記入することがありますが、その場合に夫に確認の電話をされないかと心配かも知れません。

 

ですが配偶者貸付の場合、夫は保証人になる訳ではなく、契約をするのも返済をするのも妻である本人ですので、夫に確認を行うようなことはありません。銀行のカードローンの場合は夫の職場の情報は基本的に不要です。もし記入を求められたような場合でも、連絡をされるようなことはありません。

 

専業主婦の銀行のカードローンの利用時は夫の年収に関わらず、限度額は概ね30万円までになっています。それ以上の借り入れはまず無理です。このように融資金額自体が比較的少額のため、夫の職場の情報や連絡は不要な面があります。

 

もちろん返済は契約をした本人が責任をもって行う必要があります。借り入れを行える額は限られますが、夫に内緒で借り入れを行うことが可能ですので、専業主婦の場合は銀行のカードローンの利用が便利です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日